自分に合った保険を探すためにも保険の見直しをする

家計の負担を減らす

家計の見直しをするなら固定費を削れ

不景気が続くとどうしても家計の見直しを迫られます。 最初は食費や電気代といった変動のある費用から削っていこうとするのですが、そのうち限界が来ます。 固定費である保険料をどうにかしようと保険見直しを考えるのは仕方のないことです。 しかし、加入した時はそれが最適だと思って入っているのでいざ保険見直しをしようとすると結構な手間になります。 最近は、こういった保険見直しを無料で行ってくれる保険相談窓口が出来ていたり、インターネットでも保険見直し相談の無料家庭訪問といったサービスを見かけます。プロの視点で今の収入に合わせて必要な保健なのかどうかを判断してもらうのは家計の見直しにはとても役立つことです。 面倒くさいと思いがちですが、少しでも家計の足しになるお金が出来るといいと思います。

見直すならここだけは譲れないところを決めておく

保険に入ったときは収入に応じた保険料を納めていると思います。 けれども保険を見直そうと思うぐらいですから、収入が変動したことが考えられます。その時の収入に応じた毎月の保険料でなければ家計を圧迫してしまいます。平均的月額保険料は世帯月収の約3から6%になっています。 せっかく保険を見直そうと思うのですから、保険料の払い込み期間や色々とかけている他の死亡保険などと保障のダブりがないかも見直すと同じような内容の特約が付いていたりするとその分余分にお金を払っていることになるので払い損になってしまいます。 保険を見直して随分前に入った保険を解約する場合、もし年払いにしていた場合払い込んだ保険料が帰ってくるかどうかもきちんと調べておかなければいけません。